20
10月

確定拠出年金を利用した老後資金の確立

   Posted by: admin   in 退職金

老後の生活を支える大きなパートナーとなるのが「公的年金」です。…「でした」と言った方が正しいかも知れません。消えた年金問題や少子高齢化による人口バランスの問題などが発生し、段々と公的年金の状況というのは悪くなってきています。国の説明の通り、システム上破綻することは無いと考えられますが、自分たちが老後になった際生活に十分な費用が公的年金から得られるかというと疑問符がつきます。今後、自分の老後を守るためには自分で年金を形成していくことが重要になるでしょう。

そんな時に利用することが出来るのが「確定拠出年金」というものです。確定拠出年金というのは「もらえる金額」ではなく「支払う金額」の方が決まっている年金のことで、もらえる金額については保険料を元にした投資によって決定されることになります。これについては自分の運用次第でリスクがあるものの大きな利益を得られるようにするか、あるいは安定的なものにするかを選択することが出来ます。勿論分配を行うことが出来るのもポイントです。

ただし、確定拠出年金はリスクが伴うものでもあります。ミスがないように一緒に読みたいホームページはこちらです。こちらを読みつつ、実際の投資の分配などについて考えるのが良いでしょう。

This entry was posted on 火曜日, 10月 20th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 退職金. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a reply

Name (*)
Mail (will not be published) (*)
URI
Comment