Archive for the ‘投資全般’ Category

5
5月

将来の安心をつくる確定拠出年金

   Posted by: admin

公的年金が安心できなくなった日本では、公的年金のほかにも年金づくりがはじめられるようになっています。将来、確実に公的年金の支給額が少なくなるとされ、支給年齢についても上昇することから、この不安を解消するような年金づくりが求められるようになっているのです。

いま企業では、確定拠出年金といった方法が行われるようになっています。この年金制度は、2001年にアメリカで行なわれてきた年金制度401Kを日本版401Kとして導入したものとして知られています。

この年金では、それまで各企業でバラバラに行われてきた企業年金を整理することになりました。この成果として、転職しても問題なく継続することができるようになったのです。これで、転職によって年金づくりに影響を与えた問題が解決するようになったといわれています。

また、確定拠出年金の保険料は企業が支払うため、従業員の負担が少ないことがメリットとなっています。この年金制度を新たに導入する会社では、老後の生活資金において安心できるようになるため、今後、多くの企業で導入されることが期待されています。このように、確定拠出年金は、働く人の将来の安心を作ってくれる年金として重宝されるようになっています。

確定拠出年金の関連ニュースはこちら

13
1月

初心者に人気のランドバンキング

   Posted by: admin

海外投資の中でも初心者向けとも言われるのがランドバンキングです。ランドバンキングは開発前の農地や更地を計画的に購入し、不動産開発会社が開発地として再生させて売却時にキャピタルゲインを得る不動産投資です。不動産投資というと管理の手間だったり、コストがかかるなどのイメージがあると思いますが、あくまで投資家は土地を購入するための資金提供になるので面倒な管理などは不動産開発会社が行ってくれます。

ランドバンキングでは開発計画の申請が提出される前の土地を狙って購入します。その段階の土地はほとんど底値と言ってもいいほどの安値で購入することができます。その土地を取得し、開発許可を取得することでその土地の評価が跳ね上がります。その値上がり幅は約200%〜500%とも言われていますので大きな収益に繋がります。売却し、キャピタルゲインを得るまでには5年〜7年くらいが目安とされています。

つまり、不動産投資とはいえ、不動産の管理などは一切なく、底値に近い価格の土地を購入し、付加価値を存分つけてから売却するので手間無く、確実性の高い投資と言われています。初心者でも失敗するリスクがないので、海外投資の入門編とも言われるほどの商品です。

海外投資のリスクについて学べるコンテンツはこちら!
トラブルに巻き込まれないためにもぜひご覧ください。

「働かずに収入を得ることが出来たらいいなあ…」働かずに収入を得る、つまり不労所得が欲しいと思ったことがある人もいらっしゃるでしょう。

不労所得を得る為の一つの方法としてお勧めしたいのが「不動産投資」です。不動産投資の魅力とはいったいどういった所にあるのでしょうか。

第一に不労所得が得られることです。不動産の投資対象は、マンションや土地などであり、それらを購入して貸したり売却したりすることで利益を得ます。

特にマンションなどの賃貸経営は始めは手間がかかりますが、一度購入して管理なども会社に委託すれば自分は特に何もする必要がありません。入居者の支払のチェックやメンテナンスなどについて考えておけばいいだけなのです。

第二に安定的に収入を得られることです。賃貸経営では立地や物件が悪くなければ定期的に入居者が付きます。入居者が家賃を支払ってくれていれば毎月定期的に収入が入ってきます。

他の投資と違って、経済状況などに反映されにくいのも一つの特徴であるでしょう。

不動産投資の魅力は働かなくて良いことに加え、安定的な収入を得られることです。投資を始める場合は信用と初期投資が必要なので、それを準備して始めるといいでしょう。

不動産投資は東京オリンピックの開催もあって益々注目を集めています。
不動産投資の魅力を厳選してお届け!
ぜひご一緒にお読みください。

老後の生活資金は、公定年金に頼るといった人が多いようです。しかし、今後、公的年金においては、少子高齢化が進むようになるため、老後の生活にゆとりをもつほどの資金とはならないようです。

今後、公的年金では、年金支給額が減るようになるといわれています。また年金額では支給年齢も上昇するようになるそうです。このような状態がさらに進むようになると、自分で生活資金を作らなくてはならないのです。

自分年金づくりにおいては、投資がよいといわれています。一般に投資はリスクが高いことが問題となっていますが、最近は、比較的に投資しやすい積立投資に人気があるようです。

積立で行なう投資は、毎月決めた金額を投資する方法です。リスクが少なく、長期投資として無理なく投資できるとされています。この積立投資であるなら、ファンドが安いときに多くの金融商品を買って利益を上げることができます。そのことから、長く続けることによって大きな資産ができるようになるといわれています。

さらに、いま投資で得られた利益に対して課税されない少額投資非課税制度(NISA)が活用できます。NISAは年間100万円まで課税されないため、長期投資で行なう資金づくりとして効果的といわれています。

26
10月

NISA口座を作成する際の注意点

   Posted by: admin

テレビCMなどでもよく見かけるようになり、多くの人が興味を持っているであろうNISA。名前と、この制度が少額投資非課税制度を意味していることは分かっていても、具体的にどういったものなのかを理解している人はそれほど多くないのではないでしょうか。
そこでここでは、NISAを利用するにあたって注意しなければならないポイントについて紹介していきたいと思います。いくら簡単に始められるとは言え、やはり投資には失敗の可能性がありますから、最初に認識しておく必要があります。

まず第一に、NISA口座は基本的に一人一口座までしか作ることが出来ません。今NISAから投資を始めたい人をターゲットにして多くのネット証券会社がキャンペーンを行っていますが、このキャンペーンを目当に二社、三社と口座を作ることは出来ないということです。

さらに一度NISA口座を作成してまえば、別の金融機関にこれを移動させることは出来ません。これも合わせて、証券会社の選択は慎重に行う必要があります。
特に証券会社を選ぶ際に気を付けるべきなのは手数料です。折角税金が非課税となっても株式売買手数が高くては結局損をすることになってしまいますので、この辺りも確認しておきましょう。

11
10月

海外投資におけるデメリット

   Posted by: admin

日本国内の金融商品に投資を行っていても大きな利益を上げることができないので、海外投資を行い始めている人が増えてきています。海外投資で利益をあげることができれば嬉しいですが、投資にはデメリットもつきものです。海外投資のデメリットをきちんと把握してから取り組むようにしましょう。

海外投資のデメリットはいくつかあります。海外の経済発展がこれからという国に投資を行えば、まだ経済状況が安定していないために、どのようなことが将来的に起こるか予想がつきません。災害が起きても日本の場合は経済発展がなされているので、急速に復興が行われていきます。一時的に不利益を被ったとしてもある程度すれば持ち直すでしょう。

しかし、経済発展がなされていない地域では大きな災害などが起これば国全体が壊滅的な被害を受けてしまうことも。そうなれば経済発展の道は閉ざされてしまうので、投資を行っても利益を得ることはできません。大きな損失を生んでしまうでしょう。

そのため、海外投資をする場合には、リスクを軽減させるためにも、いろいろな地域に投資をすることがおすすめです。資源が豊かな国、経済発展が著しい国など。いろいろな地域に投資をすればリスクを分散させることができますよ。

この人(高岡壮一郎さん)のコラムは勉強になります